連休中に引っ越しをするおすすめと業者を依頼する場合

引っ越しをする際に自分たちですべてを行うのであれば、連休中が最も時間にゆとりを持って行えるでしょう。

引っ越し先では荷解きや挨拶などでやる事が多く、すべてを一日で終える事が出来ない場合もあります。
翌日が学校や仕事の場合にはバタバタするのでもう一日休みがあると余裕を持って取り組めるでしょう。

一方で引っ越し業者を使用して引っ越しをする場合、料金面で見れば平日が混み合っていない事もあり、安く済んでおすすめですが、やはり連休中に行いたいという事であれば、若干の料金が高くなる事は覚悟しなければなりません。

しかし、連休でも連休初日と最終日では料金が若干異なり、最終日の方が安くなる事もあり、準備の前後を整理して運搬だけ最後に回すなど上手く業者を利用すると良いでしょう。
連休中での引っ越し業者の利用はできる限り早めに業者に見積もりと依頼をする事で自分たちの希望に添った日を選択できるでしう。

見積もりに関しては1ヶ月前には済ませておきたいですが、忙しい場合には2日から3日前でも応じてはくれますが、料金の交渉等がしにくくなる他、希望する時間帯や日程が取り辛い事もあります。キャンセルは2日前までならばキャンセル料は取られないので、変更や日程の決定は計画的に行う事が大切です。

夏休みの引越し料金を下げる方法

引越し業者に頼む場合、時期によって料金は大きく違っています。

一般的に繁忙期になると料金が高くなり、そして繁忙期のタイミングのひとつとして夏休みが挙げられます。夏休みを利用して引越しをするケースも多いようですので、それゆえに通常よりも料金が高く設定されていることがありますよね。

そんな時でも少しでも安く引越しをする方法もありますが、まず業者を比較してみるのが基本です。

やっぱり業者ごとに見積もりは違い差が付くことも多々あります。わたし自身も業者に頼む時には必ず比較を行うようにしていますが、業者によって何万円も料金が違っていたこともありました。迂闊に頼んでしまうと何万円も余計に負担を負うことになりますので比較は欠かさずに行うことをお勧めします。

夏休み期間中にお得な料金で引越し!費用はどこまで安くできる?

業者の都合の良い時に頼むのも料金を抑えるテクニックですね。
引越しをする時には自分の都合もありますので希望の日時に予約をするかと思いますが、それですと料金が高くなってしまうことがあるのです。

中には業者側の都合に合わせることによって割引をしてくれるところもありますし、最大半額程度まで安くなったりもしますので余裕があるようならお任せでスケジュールを組んでもらうのも良いのではないでしょうか。

大型の家電家具のみを運んでもらうのも安く済ませる方法です。

何でもかんでも運んでもらうとそれなりの負担が掛かってしまいますが、運べる物は自力で運ぶようにすれば料金を抑えることができます。車がない場合でもレンタカーを利用してある程度の荷物を運ぶことができますし、レンタカーも数時間程度の利用なら安く済ませることができますので上手に活用すればトータルの出費を抑えることができるはずです。

他にも夏休み時期を外してみるのも良いかもしれません。

夏休みしか時間がないのなら難しいですが、特に急ぎではない場合は無理に料金の高いタイミングで引越しをする必要はないとも言えるのではないでしょうか。タイミングをずらすだけで大分負担が違ってきますので、引越し時期に余裕があるようならタイミングを考慮してみると良いでしょう。

引越し先での挨拶回りのやり方と注意点

新居に引越しをする時にやった方が良いのか迷ってしまうのが挨拶回りではないでしょうか。挨拶回りについてはいろいろな意見がありますが、一戸建てだったり分譲マンションの場合ですとやっておいた方が良いと言われています。

賃貸暮らしですと短い期間で入居者が入れ替わったりしますし、また住人もそこまで近所付き合いを大切にしたいという考えは持っていなかったりもしますので、賃貸ですと必須というわけでもなかったりするのです。その点、長く住む可能性が高い一戸建てなどの場合は挨拶をしておいた方が無難と言えるでしょう。

引越し先での挨拶のやり方ですが、基本は早めに挨拶をすることです。いきなり見知らぬ人間が引越し業者を引き連れるなどしてドタバタしていると住人を不安にさせてしまうことがあります。また、業者のトラックが入ったりすることで迷惑にもなってしまいますので、事前に引越しをしてくることを伝えておくことが大切と言えるでしょう。

もし、引越し前に挨拶へ行けない場合は当日に挨拶を行うようにしましょう。後々になるとタイミングを逃しますし、近所の人からしても挨拶に来るのか来ないのかもやもやしてしまいますので、早めにアクションを起こした方がお互いにとって良いことが多いです。

挨拶をする際の時間帯ですが、相手が忙しい時間帯は避けるのがマナーです。例えば朝方や昼食時、夕食時などが挙げられますが、こういった時間帯は迷惑になることもありますので注意しましょう。だからといってあまり遅い時間帯も良くありませんので、遅くとも19時頃までには行くようにした方が無難と言えます。

挨拶の際には粗品を持って行くケースが殆どですが、粗品は無難な物に済ませた方が良いでしょう。例えば食べ物や飲み物ですと好みがありますので迷惑になることがあります。どこの家庭でも使用する可能性が高いタオルや洗剤などの方が迷惑にもなり難い傾向がありますし、拘りの粗品を用意する必要はないのです。